尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2015年5月16日-山の鼻ビジターセンターより(山ノ鼻研究見本園の様子)

■天気:雨 のち 曇り
■気温:6.5℃(9時) 14.5℃(最高) 7.5℃(最低)
本日から山の鼻ビジターセンターが本格的に始動しました!
昨年に引き続き、尾瀬の魅力をセンター職員の目線からお伝えしていきたいと思います。
クマ研修
一枚目の写真は、本日行われたクマ対策研修の様子です。
尾瀬は豊かな自然環境が保たれているため、人間だけでなく野生のクマにとっても
なくてはならない大切な場所となっています。
人間とクマが衝突すること無く、尾瀬の豊かな自然を共有していくには
どうしたら良いかを職員みんなで学びました。
アカシボ
二枚目の写真は、本日の研究見本園の様子です。
雪の上に広がる赤いものはアカシボと呼ばれる現象で、この時期にしか見られません。
鉄分を含んだ藻ではないかとされる説、鉄分を含んだ微生物ではないかとされる説など
諸説ありますがまだ正体は明らかにされていません。
今後の研究の行方が楽しみですね!
この時期の尾瀬には、まだまだ雪が残っています。
日を追うごとに溶けてはいますが、木道が不明瞭な箇所が多くあります。
尾瀬へのお出かけを計画されている方は、踏み抜きによる怪我に注意してお越し下さい。
また、尾瀬は高山ですので平地に比べて天候によっては気温がぐっと低くなります。
上着などの防寒具や雨具を必ず準備して下さい。
皆様のお越しをビジターセンターでお待ちしています!!
担当:髙堀



< 前ページに戻る
PAGE TOP