尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2014年9月27日-山の鼻ビジターセンターより(天然記念物ヤマネ)

■天気:晴れ
■気温:10.3℃(9時) 16.0℃(最高) 8.5℃(最低)
今日は、小さくて可愛らしい動物が姿を見せてくれました。
それはこちら、
ヤマネがひょこっと
1属1種の日本産固有種。
国の天然記念物にも指定されている「ニホンヤマネ」です。
基本的に夜行性の動物ですが、今日はお昼前に見ることができました。
漢字では、「山鼠」や「冬眠鼠」と書きます。
外見でも分かるように、ネズミの仲間になります。
また、
器用に登る
このように、器用に枝にぶら下がって移動します。
このふさふさな尻尾は、バランスを取るのに役立っています。
尻尾も含めて8cmくらいの大きさでした。
今は冬眠に向けての準備中でしょうか。
背中の黒い線が目印
そしてヤマネの特徴と言えば、背中の黒い一本線です。
他のネズミ類と見分ける大切な特徴です。
尾瀬には、ヤマネを含め多くの貴重な動植物が生息しています。
この自然を守りながら、尾瀬を楽しむことが大切ですね。
担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP