尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2014年9月18日-山の鼻ビジターセンターより(葉っぱの上にイクラ?)

■ 天気:曇りときどき雨
■ 気温:9.7℃(9時) 12.1℃(最高) 7.3℃(最低)
本日も冷たい風が吹き、防寒着なしには過ごせない一日となりました。
ときより晴れては、雨がふったりと少し不安定な天気では
ありましたが、湿原全体が色付く「草紅葉」も見頃になってきました。
至仏山
そんな本日はミズナラの葉っぱの上に付いている
こんなかわったものをご紹介!
虫こぶ
葉っぱの上にイクラ?
近づいてみると
虫こぶ2
大きさは直径約6~8mm。
綺麗な球形、光沢があり、イクラのようにみえますが
もちろんこんな山奥に、しかも葉っぱの上にイクラがあるわけはありません。
残念ながら・・・。
これは実は「虫こぶ」といって
昆虫が植物内に産卵して、植物が変形したもので、
この中で幼虫が育ったりします。
ちなみにこの虫こぶはタマバチの仲間がつくったもの。
虫こぶを産みつける昆虫と産みつけられる植物の組み合わせは決まっていて、
虫こぶの種類によって葉や茎などの産みつけられる場所や、形まで決まっています。
みなさんの身近な自然のなかでもさまざまな形の虫こぶをみることができます!
担当:大泉



< 前ページに戻る
PAGE TOP