尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2014年9月11日-山の鼻ビジターセンターより(尾瀬のツキノワグマについて)

■天気:雨のち曇り
■気温:10.5℃(9時) 16.7℃(最高) 8.9℃(最低)
今日は曇りで気温も上がらず、防寒着が手放せない一日となりました。
本日はツキノワグマのお話です
この時期は食べ物を求めて、クマの出やすい時期となります。
さて、このツキノワグマはこの時期の好きな食べ物は?
それは、
ミズナラの実
ブナやミズナラなどのドングリです。
ドングリを食べるために木登りをします。
最近は、このドングリを食べている姿がよく目撃されています。
そこで、クマを目撃した際は以下のことを守りましょう。
①騒がない・写真は撮らない・・・クマを刺激しないようにしましょう
②走って逃げない・・・クマには逃げるものを追いかける習性があります
③子グマには特に注意・・・子グマの近くには親グマがいる可能性があります

④朝夕の薄暗い時間帯は注意が必要です。・・・クマの採食活動が盛んな時間帯です。
何よりもまずは、クマに出会わないことが第一です。
熊鈴の携帯や集団での散策が効果的です。
もし出会ってしまった時には、
ゆっくり後退(背を向けずに)しましょう。
尾瀬にはツキノワグマが普通に生息しています。
尾瀬を散策する時には、クマの生息地を訪れるということを忘れないで下さい。
担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP