尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2014年9月9日-山の鼻ビジターセンターより(山ノ鼻周辺の様子)

 ■天気:晴れ
 ■気温:16.2℃(9時) 20.4℃(最高) 4.4℃(最低)
本日は、最低気温4.4℃を記録しました。秋がどんどん深まってきているようです。
そんな山ノ鼻周辺の様子を紹介したいと思います。
DSCF7940.jpg
一枚目の写真は、ハンゴンソウです。
人の背丈を超えるほど大きく成長することもある植物ですが、
鮮やかな黄色い花をつけて紅葉前の拠水林を華やかにしていました。
湿原の縁や森林内、川辺など多様な環境に生育しています。
花期は、9月上旬まで。
DSCF7939.jpg
二枚目の写真は、クロバナヒキオコシです。
花期は8月中旬頃までの花ですが、まだ二~三個ほど咲いていました。
和名は、葉が苦く起死回生の力があることによります。
名前の由来は諸説ありますが、名前に負けず劣らず生命力の強い花のようです。
DSCF7944.jpg
三枚目の写真は、オコジョ発見証とぬいぐるみのオコジョ君です。
本日は、尾瀬を訪れていた中学校の生徒さん達がオコジョを発見しました。
今年は昨年に比べて発見件数が多いのですが、
滅多に見られない動物ですので生徒さん達は大喜びでした。
尾瀬の秋は平地に比べて恐ろしいほどに早くやってきます。
出かける前は暖かくとも、尾瀬の中は平地と同じとは限りません。
必ず雨具や上着などの急な寒さや雨に対応できる装備を準備してから
尾瀬にお出かけ下さい。
担当:髙堀



< 前ページに戻る
PAGE TOP