尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2014年8月23日-山の鼻ビジターセンターより(実を付けた花たち1)

■天気:雨のち曇り
■気温:18.9℃(9時) 22.4℃(最高) 14.7℃(最低)
今日は午前に大雨が降りましたが、お昼以降は予報が外れて雨は降りませんでした。
皆さん天気を心配していましたが、特に荒れることもなく本当に良かったです。
そんな今日は、実を付けた花たちを紹介します。
これまで紹介してきた花が今はどうなっているのか。
言われてみると、ちょっと気になりますよね。
まずは、
ニッコウキスゲ実
こちらは、ニッコウキスゲの実になります。
上から撮影すると、黒い種子が顔のようにも見えます。
また来年、綺麗に咲いてくれることを願いましょう。
続いて、
クガイソウ実
こちらは、クガイソウの実になります。
自分も最初は何か分からず、戸惑ってしまいました。
どんな花だったのか、ぜひご自身で調べて見て下さい。
最後に、
イワショウブ実
こちらは、イワショウブの実になります。
現在、湿原では白い花が見頃ですが、これから可愛らしい赤い実を付けます。
この他の実は、またの機会に紹介させていただきます。
今はどんな姿をしているのか、楽しみにしていて下さい。
それでは天気の変化、怪我等には注意して、
十分な装備で尾瀬をお楽しみ下さい。
担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP