尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2014年8月16日-山の鼻ビジターセンター(新しいお花たち)

■天気:雨ときどき曇り
■気温:20.2℃(9時) 20.7℃(最高) 17.8℃(最低)
今日の尾瀬ヶ原は、雨の多い一日となりました。
そのためビジターセンターでは、
「今日至仏山に登るのはどうでしょうか?」と多くの方から質問がありました。
しかし、今日のように天気の悪い日はあまり無理をしないことをおすすめしました。
不安な方は無理をしないで、また天気の良い日にリベンジしてもらいたいと思います。
そんな今日は、最近咲いてきた新しいお花を紹介します。
まずは、
ジャコウソウ
淡紅紫色の筒状の花をつける「ジャコウソウ」と言います。
シソ科の仲間の特徴として、茎の断面が四角形をしています。
また名前の由来は、全体に芳香があるからだそうです。
オヤマリンドウ
こちらは、青紫色の花を茎頂に数個つける「オヤマリンドウ」と言います。
花開くとどんな姿か気になりますが、晴天でもあまり開くことはありません。
最後は、
アケボノソウ
白い花に黒紫色の斑点と黄緑色の蜜腺溝が目立つ「アケボノソウ」と言います。
この蜜腺溝から蜜を分泌し、よく昆虫が来ています。
和名は「曙草」で、斑点を夜明けの星空に見立てたものだそうです。
最後に、
尾瀬ヶ原では、次第に夏の終わりを感じさせる花々が咲いてきています。
この時期の静かな尾瀬も、皆さんに楽しんでいただけたらと思います。
担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP