尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2014年7月10日-山の鼻ビジターセンターより(至仏山巡回)

 ■ 天気:曇りのち雨
 ■ 気温:18.9℃(9時) 21.2℃(最高) 15.2℃(最低)
今日は天気が崩れる前に、至仏山へ巡回に行って来ました。
最新のお花情報や残雪状況をお伝えします。
【お花情報】
タカネシオガマ
鮮やかな紅紫色のタカネシオガマです。
本州では中部地方の山岳と至仏山でしか見られないそうです。
至仏山山頂付近の岩場に多く見られます。
ヨツバシオガマ
この植物は、ヨツバシオガマと言います。
タカネシオガマに似ていますが、こちらの方が背丈が高く、花がまばらに付きます。
また、4枚の葉が数段、輪生するのが特徴です。
マルバノヘビノボラズ
黄色い花を付けるマルバノヘビノボラズです。
こちらは、枝に鋭いトゲがあり、ヘビも登らないという意味があるようです。
ホソバツメクサ
白くて可愛らしい花を付けるホソバツメクサです。
ホソバは細葉、ツメクサは爪草で葉が鳥の爪に似ることが由来になっているようです。
【残雪状況】
小至仏山~オヤマ沢田代間にある木製階段に一部残雪があります。
その他の登山道上に残雪はありません。
残雪状況
【注意点】
残雪の状況は、上記のとおりです。
ただ、至仏山には岩場のアップダウンが多くあります。
また至仏山特有の蛇紋岩は、雨などで濡れると大変滑りやすいため注意して下さい。
最後に・・・
長い上りを越えた先に、色とりどりのお花が待っています。
さすが、「花の名山」と言ったところでしょうか。
台風が過ぎ去った後、みなさんも至仏山を登ってみてはいかがでしょうか。
担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP