尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2014年6月26日-山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原一面のワタスゲと新たな花たち)

 ■  天気:晴れのち曇り 
 ■  気温:20.8℃(9時) 22.4℃(最高) 4.6℃(最低)
今日は、尾瀬ヶ原の様子を少しご紹介します。
まずは、中田代のワタスゲの様子です。
燧ヶ岳とワタスゲ
まだまだ、辺り一面のワタスゲを楽しむことができます。
現在は、ミズバショウの季節が終わり人が少なくなっています。
ゆっくり散策したい方には、おすすめの時期かもしれません。
続いては、新たに咲いたお花の紹介です。
カキツバタ
カキツバタです。
少しずつ咲き始めました。
青く大きな花が目立ちます。
またこちらは、
ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲです。
見本園で一輪だけ開花していました。
湿原が黄色く染まるのが楽しみですね。
そして最後に、
オゼコウホネ
オゼコウホネです。
この植物は、尾瀬ヶ原の池塘で発見され命名された、珍しい植物です。
上ノ大堀川橋周辺の池塘で見られました。
などなど、
今回ご紹介した植物以外にも多くの植物が咲き始めています。
ぜひ探して見て下さい。
尾瀬は、時期によって様々な植物が咲いています。
一度だけでなく、時期を変えて訪れてみてはいかがでしょうか。
いつでも素晴らしい自然が、みなさんをお待ちしています。
担当:宇野



< 前ページに戻る
PAGE TOP