尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2014年5月24日 – 山の鼻ビジターセンターより(キクザキイチゲ・ヤマアカガエル)

■天気:晴れ
■気温:24.0℃(最高) 13.2℃(9時) 21.5℃(15時)
本日は休日ということもあり、多くの入山者で賑わいました。
下界に比べると遅い春ですが、尾瀬にも春がやってきています!
山の鼻キャンプ場では雪が解けるのをまちわびてたかのように、
ミズバショウにも負けないきれいな花が咲き始めました。
キクザキイチゲ
キクザキイチゲです。
春植物(スプリングエフェメラル)と呼ばれ、雪解けとともに顔をだし
まわりの広葉樹が葉を広げきる前に散ってしまう、なんともはかない植物です。
そしてもうひとつ
山ノ鼻研究見本園の入り口、毎年同じ場所にあるこの子たちです。
ヤマアカガエル卵塊
だんだんとあの形になってきました。
そうです。
おたまじゃくし!
ヤマアカガエルです。
下界では3月頃にみられるところが多いですが、
尾瀬では毎年、雪解け後すぐのこの時期に卵を産みにきます
これからどんどんたくさんの生き物が動き出しますのでこうご期待!
担当:大泉



< 前ページに戻る
PAGE TOP