尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年9月24日-山の鼻ビジターセンターより(湿原のようす)

■天気:曇りのち晴れ
■気温:16.6℃(9時)18.6℃(最高)10.4℃(最低)
今日は3連休明けということもあり、尾瀬を訪れた人は少なく、
静かな尾瀬となりました。
お昼過ぎからは時折晴れ間も見え、湿原の草紅葉が美しく輝きました!
【研究見本園にて】
kusamomiji.jpg
ここ数日でグッと草紅葉が進み、そろそろ見頃が近いのでは!?
草紅葉の色付きの好みというのは、人それぞれとも言われていますが、
今週から来週にかけて、湿原が黄金色から橙色に染まるのを楽しめると思います。
草紅葉の代表、サワギキョウもこのとおり!
葉の色が可愛らしい淡い橙色となっています。
さわぎきょう
さらに草紅葉の他に、湿原ではこのような植物の姿に秋を感じます。
『オゼミズギク』の花終わり
mizugiku.jpg
『ミヤマアキノキリンソウ』の花終わり
kirinnsou.jpg
花の姿から種をつけた姿へと移り変わりました。
この2つの植物は、どちらも『キク科』で〈そう果〉と呼ばれる
種子をつけます。
〈そう果〉と言われてもピンと来ませんが、タンポポの綿毛を想像して
みて下さい。よく吹いて遊んだあの綿毛と一緒のものです。
一見、花が終わって枯れていると思ってしまいますが、
よく考えてみると、来年また花を咲かす大切な命ですね!
そして、この姿が妙に秋という季節に似合う気がします。
尾瀬の秋、素敵ですよ~!!ぜひ、来てみて下さいね!
担当:渡辺



< 前ページに戻る
PAGE TOP