尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年9月22日-尾瀬沼ビジターセンターより(台風の爪痕)

■天気:晴れのち曇り
■気温:13.3℃(9時) 18.0℃(最高) 6.1℃(最低)
 台風18号が過ぎた翌日から続いた快晴も今日で途切れ
天気は下り坂の様相の今日でしたが、降雨無く幸いな一日でした。
さて、そんな台風が残した一端をご紹介します。
①木道の流出(昨日のブログ参照)
 大江湿原の小淵沢田代分岐近くにある大江川橋両端の木道が
 流されましたが復旧しました。
20130922n1.jpg
②倒木(小淵沢田代への登山道)
 上記の橋を渡り、湿原から林内に入った100m程先の登山道上に
 枝の張ったオオシラビソの倒木がありましたが、枝を払い
 支障なく通行できるように処置しました。
 (処置前)
20130922n2.jpg
 (処置後)
20130922n3.jpg
③投げ銭
 大江湿原・奥ツ沢の木道下にたくさんのお金が投げ入れられていました。
 台風の影響で沢底が浄化されて、こんな状況が発見されました。
 尾瀬では池塘でも投げ銭が見られます。
 このような行為は是非止めて戴きたくお願いします。
 ちなみに写真の魚はイワナです。 
20130922n4.jpg
担当:布施



< 前ページに戻る
PAGE TOP