尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年09月05日-尾瀬沼ビジターセンターより

■天気:雨のち曇り
■気温:16.5℃(9時) 20.4℃(最高) 15.6℃(最低)
みなさん、こんにちは。
今日も楽しい一日を過ごせましたか?
P1240004.jpg
尾瀬沼は朝方に雨が降り、秋風が吹き、
気温はぐっと下がり、肌寒い一日となりました。
最近は、念願の「オコジョ」を発見したものの、
まだまだ出会ったことのない動物がたくさんいます。
その中の一つが「ホンドキツネ」です!

地元の佐渡では、タヌキの四天王の一人「団三郎」が有名ですが、
ホンドキツネは生息していません。
話によると、
昔、越後のキツネと佐渡のタヌキの団三郎と化かし合いをしたが、
越後のキツネは負けたので、ホンドキツネがいないとか…
そんな「ホンドキツネ」をぜひ見たい!
と思いながら足元をみると、
「キツネ」の名がついた不思議な植物が沢山ありました!
まず、『キツネノエフデ』。
ビジターセンターの周辺のゴミ拾いをしている際に、
思わず、ゴミと勘違いしてしまった
スッポンタケ科のキノコです。
P1210983.jpg
似たもので『キツネノロウソク』も生えていたのですが、
今回は見つけることができませんでした…
次に、『キツネノボタン』。
溝のそばや田んぼの畦、湿り気のある道ばたなどで生えます。
野原に生え、葉がボタンを思わせることが名の由来です。
P1210987.jpg
まだ、本物のキツネには出会っていないですが、
いつか出会えることを楽しみにしてます♪
では、明日もよい一日をお過ごしください。
担当:川上



< 前ページに戻る
PAGE TOP