尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年9月2日-山ノ鼻ビジターセンターより

■天気:くもりのち雨
■気温:20.0℃(9時) 20.1℃(最高) 15.4℃(最低)
こんばんは!
今日の山ノ鼻地区(というか尾瀬ヶ原・・・)は利用者さんの
人影もまばら・・・。
「閑散期」という言葉がぴったりの一日となりました。
そんななか、私は「シカ柵の巡視」に向かい、
おもしろいものを発見してきました。
タネ
これ、一体なんでしょう?
って検討もつきませんよね・・・。(笑)
正体は、
コバイケイソウ
この植物なんですが、これでもちょっと
解りませんよね・・・。
この植物は「コバイケイソウ」という植物で、
1枚目の写真はその「コバイケイソウ」の種になります!
2枚目の写真をよーく見ると、パカッと口を開けているのが
解ると思います。
種を入れていた袋が開いて、風などで種を飛ばそうと
しているんですね。
腕か当たっただけで簡単に落ちてくる種。
風に飛ばされて、どこへ飛んでいくんでしょうか。
セグロセキレイ
「遠くに飛んでいく。」に掛けて、
こちらの可愛い小鳥はハクセキレイの幼鳥です。
最近、テント場や湿原でよく見かけます。
親鳥と一緒なので、飛ぶ練習や餌をとる練習をして
いるんでしょうか。
見ていると心が和みます。
そろそろ冬鳥がどこかの国から渡ってくる頃。
種や鳥を見て、色んな想像をするのも悪くないですね。
担当:萩原



< 前ページに戻る
PAGE TOP