尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年8月31日-尾瀬沼ビジターセンターより(薬になる植物①)

■天気:晴れのち曇り
■気温:18.9℃(9時) 23.7℃(最高) 15.5℃(最低)
 もう8月も終わりですね。残暑が続いていますが、ここ尾瀬は寒く、
ビジターセンターのスタッフはダウンジャケットを着用しています。
さて、今日は薬用になる花をご紹介します。
まずは今、見頃のオクトリカブトです。
猛毒で有名な植物ですが、漢方薬の材料となり、
生薬名は部位により附子(ブシ)または烏頭(ウズ)といいます。
その薬効は温める作用や鎮痛作用です。
勿論、減毒(修治)して使います。
20130831n1.jpg
 次はミヤマセンキュウです。
和名、生薬名とも”川きゅう”といいます。血行改善、貧血に使われます。
20130831n2.jpg
 オマケの植物です。
平地では雑草として至る所にありますが、この尾瀬にも外来種として沢山生育しています。
踏み付けに強く、道沿いが適地のオオバコ(大葉子)です。
この種子を車前子(シャゼンシ)といい、水分代謝の改善(利尿、鎮咳去痰など)に応用します。
20130831n3.jpg
担当:布施



< 前ページに戻る
PAGE TOP