尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年8月31日-山の鼻ビジターセンターより(ザトウムシ・ゴジュウカラ・ノスリ)

■天気:晴れ
■気温:22.0℃(9時)24.9℃(最高)13.4℃(最低)
相変わらずなにかと動くものには敏感な私。。
今日は林内を歩いているといろんな動物達に会うことができました。
その一部をご紹介!
ハウチワカエデの葉っぱの上になにやら動くものが!
ザトウムシ1
地球外生命体のようないでたち・・。
よく田舎の便所にいたりするので、便所グモとか、足長グモと呼ばれたりします。
その名はザトウムシ。
クモに似ていますが、クモでも昆虫でもない動物。
実はこのザトウムシ、クモとは違い、単眼と呼ばれる目が一対しかなく
あまり目がよくありません。
そのため針金のような長い前足で、
ちょんちょんと探りながら歩き回っている姿をみると
かわいく感じたりもします。
お次に
鳥の声に耳を傾けると、ひょろっと顔を出してくれました。
ゴジュウカラ横
ゴジュウカラ背
ゴジュウカラです。
今は繁殖期も終わったのか、カラ類で混群をつくっていました。
この他にシジュウカラ、コガラ、コゲラなどが観察できました。
最後にふと、上空を見上げると久々の猛禽類。
ノスリ下面
ノスリでしょうか。
上昇気流にのっかりかっこよく旋回しています!
尾瀬は植物以外にも見所がたくさんあります。
紅葉で賑わう前の今の時期、
尾瀬は比較的入山者も少なく、ゆっくりと静かな尾瀬を散策できます。
担当:大泉



< 前ページに戻る
PAGE TOP