尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年8月2日-山ノ鼻ビジターセンターより(ナンバンハコベ)

■天気:雨のちくもり
■気温:18.7℃(9時) 21.3℃(最高) 16.2℃(最低)
今日もすっきりしないお天気で、ここ最近は最高気温も20℃前後の
日が続いています。。
そんな中今日は変わった植物を紹介します。
nanbanhakobe.jpg
ナデシコ科のナンバンハコベです!!
尾瀬の中に外来種が!!
・・と思いきやナンバンはあの“南蛮”と書きますが、
花の形が変わっていて異国風の出で立ちからこの名前が付いたそうです。
れっきとした日本の在来種。
尾瀬でもなかなか見る機会の少ない植物ですが、
毎年”いつもの場所”で見られます。
そして最後に・・
なにげなく尾瀬ヶ原を散策していると、下ノ大堀川付近を過ぎたあたり
目の前をものすごいスピードで“ブーメラン?”が通過しました。
???
いやいや、尾瀬の中でブーメランを投げている人なんていないぞ
・・と冗談はさておき、そうです。すぐにわかりました。
ブーメランに見えるその正体は「ハリオアマツバメ」
見た目は尾瀬に普通に見られるイワツバメに似ていますが厳密には違う仲間。
尾瀬に来て初めての目撃です。翼を広げると50㎝以上、
カマのような翼で飛行している姿はまさにブーメランの用。
写真が撮れなかったのは残念でしたが、
風を切るようにものすごいスピードで過ぎ去っていきました!
私は昨年からここ山ノ鼻ビジターセンターで勤務していますが、
2年目にして初めての発見。
まだまだ尾瀬は知らないことばかり。
担当:大泉



< 前ページに戻る
PAGE TOP