尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年7月30日-山ノ鼻ビジターセンターより(山ノ鼻の仲間)

■天気:曇り時々雨
■気温:21.7℃(9時) 22.1℃(最高) 17.2℃(最低)
こんにちは。
種々の花がめまぐるしく開花してゆく今の季節、花に集う蝶達もまた、『尾瀬の華』
と言えるでしょう。そんな中、アザミ類では際だって多くの昆虫を観察でき、本日は
『ウラギンヒョウモン』に出会いました。
幼虫の状態で越冬するという、とてもたくましい蝶なんですよ。
ウラギンヒョウモン
おっと、こちらは葉っぱにくっついていますね。
『オトシブミ』という甲虫なのですが、、、
オトシブミ
カメラにおしりを向け、一体何をしているのでしょうか。
実はこれ、卵の『ゆりかご』を作っているんです。葉っぱでできた小さい春巻きの様な
ゆりかごは、餌であると共に、幼虫を捕食者から守る役割も果たします。
どんな小さな事柄でも、ズームアップしてみるとドラマがあるんですね。
日々勉強です。
担当:櫻井



< 前ページに戻る
PAGE TOP