尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年7月10日-山の鼻ビジターセンターより(ニュウナイスズメの巣立ち)

■天気:晴れのちくもり
■気温:24.5℃(9時) 25.3℃(最高) 16.0℃(最低)
今年5月24日のブログで紹介したニュウナイスズメですが、
なんと子どもをつくっておりました!!
巣立ちヒナ2
ニュウナイスズメの巣立ちヒナです。かわいい~
嘴が黄色く、尾が短くまだ巣立ったばかりだと思われます。
ここ山ノ鼻地区でハクセキレイに次いで、また新たなファミリーが増えました。
思い返せば6月23日、ビジターセンター裏で、
必死に巣材の枯れ葉を集めている成鳥のメスの姿を撮影していました。
ニュウナイ巣材集め
これはきっと巣が近くにある!
期待に胸をふくらませ、山ノ鼻地区をうろうろうろ。
がしかし、結局、巣は見つからず今日にいたります・・。
5、6月に見た個体と同じである確証はありませんが、小鳥の成長はあっというま。
巣立ちヒナ
ビジターセンター前のベンチで必死に鳴いているヒナ。
お母さんをさがしているのでしょうか?
まだ巣立ちヒナは、自力で餌を見つけるのは難しく、
しばらくは親に餌をもらいながら育ち、独り立ちしていきます。
親メス
ふと上をみると、キハダの木の上で母鳥が呼んでいました。
尾瀬でしかみられないものではありませんが、
いろんな場所でいろんな命が育まれている
こんな光景をみているとなんだかあったかい気分になります。
担当:大泉



< 前ページに戻る
PAGE TOP