尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年7月9日 山ノ鼻ビジターセンターより(多くの花々)

■ 天気 晴れ
■ 気温 24.7℃(9時) 26.6(最高) 13.7(最低)
こんにちは。
本日は一日中強い日射しが照りつけ、エアコンなどあるはずもない尾瀬
山ノ鼻では暑さとの戦いでした。しかし、こんな暑い日でもやはり沢沿い
や林内は涼しいものです。そこで、今回は林内の植物をご紹介致します。
写真はいずれも「鳩待峠~山ノ鼻」で本日撮影です。
ヤグルマソウ
これは『ヤグルマソウ』です。大きな輪生の葉っぱが特徴的で、花の高さ
は大きなもので1m近くあります。
名の由来は鯉のぼりのてっぺんにある矢車に似ていることから。
タニウツギ
つづいてこちら。
スイカズラの仲間で『タニウツギ』といいます。淡い色合いが日本人の
情緒に合いますね。今日も多くの方が撮影されていました。
ニッコウキスゲを求めて尾瀬に来られる方が多いですが、ピークを迎える
直前である今この時季、シーズンを通して最も多くの花が咲いています。
毎年尾瀬に通う「尾瀬通」の方は、混雑する時期を避け、自分だけの尾瀬
を楽しんでおられるようですよ。
一つ言い忘れていましたが、花が咲けば虫が寄って来る事をお忘れ無く。
虫除けスプレーや軟膏、できれば応急処置が行える程度の装備をすると良いでしょう。
担当:櫻井



< 前ページに戻る
PAGE TOP