尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2013年6月10日-山ノ鼻ビジターより(林内の植物)

■天気:晴れ
■気温:18.9℃(9時) 21.2(最高) 7.3(最低)
今日の尾瀬は、穏やかで風が気持ちの良い一日でした!
日中は少しむしむししていましたが、それでも気持ちの良い風が吹き、
さわやかな尾瀬でした。
そんな今日は、鳩待峠から山の鼻の間を歩くときに見ることができる
スミレについて紹介したいと思います。
オオバキスミレ
オオバキスミレ
雪国を代表するスミレ。
スミレサイシン
スミレサイシン
花が咲いているのに葉が完全に開ききっていないのがスミレサイシンの特徴です。
ミヤマスミレ
ミヤマスミレ
1㎝くらいの花をつけた小さなスミレです。
この写真は木に巻き付いていました。
スミレは種類が多く似ているものが多いので、いつも何スミレか図鑑とにらっめこして判断しています。
スミレ当てクイズをしているようで意外とおもしろいです…!
新緑の林内と足元に咲く小さなスミレを楽しみながら尾瀬ヶ原まで来てみるのも
楽しみのひとつですね。
では、最後に今日の尾瀬ヶ原のようす…
1.jpg
担当:渡辺



< 前ページに戻る
PAGE TOP