尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年10月7日-山の鼻ビジターセンターより(シカ・マツモムシ・チングルマ)

■天気:晴れのち雨
■気温:10.1℃(9時) 13.5℃(最高) 8.1℃(最低)
最近では花もほぼ終わり、湿原の草紅葉もピークをむかえ、
今度は森の紅葉が徐々に綺麗に色付いてきています。
そんななか、今回は何か動物はいないか、動くものはいないかと
研究見本園を散策しているとこんな生き物に出会いました。
matumomusi.jpg
マツモムシです。
このように池塘の水面を背泳ぎしています。
オールのような長い足がチャーミング!!
水面に落ちた小動物などの体に針のような口を突き刺し、体液を吸います。
ちなみに英名はその名にふさわしく「ボートマン」!!
そんな小さい生き物のお隣にはこんな小さな紅葉がありました。
tinnguruma.jpg
チングルマです。6月~7月にかけて白い花を咲かせ
高さは7~15センチの落葉小低木。
こうみえて木なのです。
動くものに会いたかった私。
最後にはこんな大きな動くのものに会いました!?
女性の悲鳴のような甲高い鳴き声「ピエェーーーーーー」という声がしたと思ったら
森からそいつはあらわれました。
sika_20121007175526.jpg
少し遠いですがまたもやニホンジカです。メスです。
この声は繁殖期にオスが出す鳴き声、ラッティングコールといいます。
しつこく求愛してくるオスからにげてきたのでしょうか?
・・今シーズンも残り一ヶ月を切りましたが、
尾瀬はまだまだ伝えきれない自然にあふれています!
担当:大泉



< 前ページに戻る
PAGE TOP