尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年10月3日-山の鼻ビジターセンターより(至仏山の植生復元)

■天気:曇り
■気温:14.7℃(9時) 16.9℃(最高) 12.3℃(最低)
一昨日の記事では、美しい紅葉の様子をお伝えした至仏山。
実は、登山道周辺の植生荒廃が大きな問題となっています。
特に、山ノ鼻から至仏山頂へ直登する東面登山道で荒廃が著しく、
麓からでも褐色の筋としてはっきり見えるほどです。
失われた緑を呼び戻すため、毎年この時期になると、
尾瀬ボランティアさんのご協力の下、植生復元作業が行われています。
今年の作業は昨日、今日の2日間で行う予定でしたが、昨日は悪天候のため中止。
今日1日で2日分の作業を完了するべく、一同気合いが入ります。
至仏山植生復元作業中
山肌を覆う植生が一度失われると、雨が降るたびに土が流れ出し、
ますます草木が生育し難くなってしまいます。
この悪循環を断ち切るため、土の流出を防ぐネットで地面を覆って、作業完了。
至仏山植生復元作業後
隣接する過去の植生復元跡地では、今年は残り少なくなった
タカネトウウチソウの花が秋風に揺れていました。
植生復元跡地に咲くタカネトウウチソウ
今回作業した場所にも、植物たちが早く戻ってきてくれることを願いつつ。
東面登山道は、利用者の安全確保および植生保護の観点から、
上り専用となっています。
至仏山頂から山ノ鼻に下ることはできませんので、予めご了承ください。

担当:福井



< 前ページに戻る
PAGE TOP