尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年9月1日-山の鼻ビジターセンターより(早朝の尾瀬ヶ原)

■天気:晴れのちくもり
■気温:21.7℃(9時) 24.7℃(最高) 12.4℃(最低)
尾瀬ヶ原では、最近晴れると朝霧が発生します。
幻想的な世界が尾瀬ヶ原全体に広がり、木道はどこまでも
果てしなく続いているようにも見えました。
20120901.jpg
朝霧の中見る逆さ燧も昼間とは異なった勇壮さがあります。
また、霧の中からうっすらと見せる姿は、ちゅうに浮いているようであり、
とても幻想的でした。
20120901y2.jpg
朝霧の時に散策に出ると、ごく希に白い光のアーチを見ることができます。
白虹(しろにじ、はっこう)と呼ばれるもので、太陽と反対側にある
霧粒や雲粒によって発生します。
霧粒や雲粒は雨粒と比べるとはるかに小さいので、
光の波長ごとに分光せず、結果として白っぽい虹になるそうです。
霧粒の大きさや形、光の当たり具合などの条件が揃わないと
見られない現象ですので、なかなか見る事が出来ません。
尾瀬で宿泊される機会がありましたら、
一度早朝の散策に出かけてみてはいかがでしょうか?
担当:大塚



< 前ページに戻る
PAGE TOP