尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年8月31日-尾瀬沼ビジターセンタより(サラシナショウマ、アブラガヤ)

■天気:晴れ
■気温:25.9℃(最高)、14.4℃(最低)、18.4℃(9時)
釜ツ堀湿原で咲いていた、キンポウゲ科の仲間でサラシナショウマ。非常に長い花茎(かけい)をのばして白い花を沢山つけています。花が白いブラシのように見えるので、湿原で目立ちます。
サラシナショウマ
大江湿原で地味に目立っているのが、カヤツリグサ科のアブラガヤです。別名はアイバソウといいます。アブラガヤ(油茅)の由来は花の穂が油の色をしているからだと言われています。
アブラガヤ
担当:桜澤



< 前ページに戻る
PAGE TOP