尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年8月29日-尾瀬沼の様子(ミゾソバ、アカバナ)

■天気:晴れ時時曇り
■気温:24.6℃(最高)、11.3℃(最低)、18.6℃(9時)
湿原の中の木道と木道の間で可憐な花がひっそりと咲いています。
まずタデ科のミゾソバ(溝蕎麦)です。見た目が蕎麦に似ていることが和名の由来。
葉が牛の顔に似ているため、別名ウシノヒタイとも呼ばれます。
透明感のある白とピンクが絶妙でとても品があります。
20120829n1.jpg
下の写真はアカバナ科のアカバナです。これまた清涼感のある赤紫色が目をひきます。
柱頭の雌しべがこん棒状になっています。
20120829n2.jpg
担当:布施



< 前ページに戻る
PAGE TOP