尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年8月28日-山の鼻ビジターセンターより(続・燧ヶ岳好きの方へ)

■天気:晴れ
■気温:22.3℃(9時) 25.1℃(最高) 11.7℃(最低)
さて、昨日のブログの続編です。
まだ、見ていない方は、昨日のブログをさかのぼって、そちらからご覧ください。
昨日は『燧ヶ岳~美の変貌』をご紹介しましたが、どこからの景色かわかったでしょうか?
答えは、八木沢道~アヤメ平でした。
八木沢道は、燧ヶ岳麓の見晴と富士見峠をむすぶ登山道で、
かつては山小屋に荷物を運ぶ馬の通り道でした。
見晴から登り始めのブナ林は特に美しく、眩しいくらいに光が差し込みます。
八木沢道林床
そして、足元に目を向けると、小さい命が溢れています。
八木沢道光
八木沢道は私の一番のお気に入りです。
なんで、そんなにお気に入りかというと、ずばり癒やしです。
八木沢道はいつ行っても癒やし要素満載で、とっても元気にしてくれます。
気分が明るくなるんですね。
人が少ないので、タイムスリップしてしまったのかと錯覚してしまいます。
手つかずの自然が残る貴重な登山道です。
登りながら、ふと見える燧ヶ岳。
この景色ひとりじめ~~と一人静かにうれしくなります。
そして、富士見峠~鳩待峠間には、『天空の楽園』と呼ばれるアヤメ平があります。
アヤメ平から見る至仏山もまた魅力的です。
アヤメ平より至仏山
ということで、昨日の燧ヶ岳の撮影地点は次の通りでした。
1枚目:八木沢道昼場
2枚目:富士見田代
3枚目:アヤメ平
これからの時期の八木沢道は紅葉が始まります。
八木沢道行かずして、尾瀬を語るべからず。
距離があるので、ちょっと上級者コースですが、是非歩いてみてくださいね。
担当:佐々木



< 前ページに戻る
PAGE TOP