尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年8月14日-山の鼻ビジターセンターより(見落としがちですが…)

■天気:雨のち晴れ
■気温:18.2℃(9時) 23.9℃(最高) 16.6℃(最低)
本日は、注意していないと見落としがちな花を2つご紹介します。
ノッポロガンクビソウ
この花はノッポロガンクビソウといいます。
名前の由来は、北海道は札幌近郊にある野幌で最初に発見され、
形状がキセルの雁首に似ているため、だそうです。
花びららしい花びらが無く、ちょっと地味ですよね。
キンミズヒキ
こちらはキンミズヒキ。
直径1cmにも満たない小さな花ですが、目を凝らして見てみると、
とても鮮やかな黄色をしているのが分かります。
こうした尾瀬の名脇役たちにもぜひ目を向けてみてください。
担当:福井



< 前ページに戻る
PAGE TOP