尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年6月28日-尾瀬沼ビジターセンターより (ハクサンチドリとヅダヤクシュ)

■天気:晴れ時々曇り
■気温:17.1℃(9時) 22.2℃(最高) 5.3℃(最低)
20120628n1.jpg
引き続き晴れの尾瀬沼の湿原には、今日も数多くの花々が咲き乱れています。中でも目を引くのが、このハクサンチドリ。昨日のブログでも名前が紹介されていましたね。ノビネチドリと違い、葉が波打たず花びらの先も尖っており、全体的にスマートなのが特徴です。
20120628n2.jpg
そして林内で見かけることが多いのはこちらの小さな白い花。これはヅダヤクシュという花です。ヅダは長野県の方言で喘息を意味します。喘息に効く薬草とされていたことから、喘息薬種(ずだやくしゅ)と名付けられたそうです。
豊富な花々が見られるのはこの時期ならではの楽しみです。尾瀬を訪れた方々は、是非色々な花を探してみてください。



< 前ページに戻る
PAGE TOP