尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年6月21日-山の鼻ビジターセンターより(アマドコロ、ズミ)

■天気:晴れのち曇り
■気温:17.7℃(9時) 10.4℃(最低) 21.3℃(最高)
現在、尾瀬ヶ原では新顔の花たちが次々に登場しています。
アマドコロ
この不思議な形状の植物は、ユリの仲間でアマドコロといい、
山ノ鼻研究見本園の入口付近に群生しています。
これとよく似た植物にオオナルコユリがあるのですが、
見分けるポイントは茎の形状。
角張った茎のアマドコロに対して、オオナルコユリは茎が円柱形です。
また、原の川上川橋周辺では、ズミが咲いていました。
ズミ
ズミを漢字で書くと「酸実」。
花が終わった後に小さな赤い実がなるのですが、
これが酸っぱいことからこの名前が付いたようです。
この時期の尾瀬には、ミズバショウシーズンとは一味違った魅力があります。
ぜひお越し下さい。
担当:福井



< 前ページに戻る
PAGE TOP