尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年6月3日-尾瀬沼ビジターセンターより ( 紹介します)

■天気:曇り
■気温:13.1℃(最高)5.6℃(最低)10.8℃(9時)
「尾瀬沼を紹介した画家の記念碑 どこですか?」とお客様が見えました。
石碑に名が刻まれている画家、大下藤次郎は尾瀬沼で描いた下絵をもとに明治42年『尾瀬沼・燧ヶ岳』を発表。 尾瀬沼が初めて描かれたその作品は、尾瀬の美しさを世に伝える大きな力となったと言われています。
大下藤次郎石碑
さて、こちらの皆さん。昨日からビジターセンター前でお客様へアンケート調査を行っている岩手大学の学生さんです。17項目に及ぶ調査内容は尾瀬国立公園を利用する方々の意識調査。アンケートから利用者(お客様)の意識が見え、それに基づく彼女たちの研究論文に注目しています。
岩手大学学生
<<注意してください>>
尾瀬沼南岸(三平下~沼尻)ルートは、残雪の斜面を横断することとなり尾瀬沼への滑落の危険がありますので、十分注意してください。

担当:島野



< 前ページに戻る
PAGE TOP