尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年5月24日-山の鼻ビジターセンターより(尾瀬ヶ原・ノビタキ)

■天気:晴れ
■気温:14.6℃(9時) -0.6℃(最低) 19.7℃(最高)
尾瀬ヶ原では、ほぼ雪も解け暖かくなり、鳥さん達の元気な歌声が聞こえてきます。
今日はその中でも、尾瀬ヶ原でよく見られる、ノビタキの紹介です!
スズメよりも少し小さい位、黒と白のコントラストに胸のオレンジ色が目立つ、カワイイ鳥さんです。
尾羽を上下に動かし、枝から枝へと移動しながら
さえずっていました。
IMGP2073.jpg
ノビタキは春になると越冬地である東南アジアなどから渡って来る夏鳥で、草原の様な開けた環境を好み、
夏でも涼しい尾瀬のような場所で繁殖をします。
尾瀬ではミズバショウが見頃を迎えますが、他にもたくさんの鳥さん達も見頃です!!
ビジターセンターでは双眼鏡の貸出をしています。(身分証明書をご提示ください)是非ご利用下さい。
担当:大泉



< 前ページに戻る
PAGE TOP