尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2012年5月16日-山の鼻ビジターセンターより(八木沢道橋架け・逆さ至仏)

■天気:晴れ
■気温:12.5℃(最高) 2.9℃(最低) 8.7℃(9時)
本日は尾瀬ヶ原巡回および、見晴沼尻川橋の橋架け作業を行いました。
まず、尾瀬ヶ原の雪解け状況です。
山ノ鼻~上田代の原ノ川上川までは、相変わらず踏み抜き注意の箇所もありますが、
その先の見晴までほぼ雪が溶けて木道の上を歩くことが出来ます!
尾瀬ヶ原を巡回中にはヒバリが空高く舞い上がり、
ホバリングをした状態でさえずっていました。
私は尾瀬に来て一週間程になりますが、
下界ではなかなか観られない鳥さんたちに出迎えられ、
尾瀬の自然の豊かさに魅了されています。
(尾瀬の鳥さんたちはこれからじゃんじゃん紹介していきます!!)
尾瀬では雪の重みで橋が破損してしまうため、毎年秋に橋板を外しています。
今日は、八木沢道に掛かる見晴沼尻川橋の橋板を取り付けました。
IMGP1943.jpg
残雪期の八木沢道はマーキング(木に付けられた赤テープなど)が頼りですが、
マーキングが無くなってしまっている場合もあり、私たちも足跡を辿り迷ってしまいました。
八木沢道に行かれる際は、十分ご注意ください。
そして最後に、昨日のブログの予告通り、とれたてホヤホヤ、逆さ至仏をお届けします!
山ノ鼻から15分程歩いた上田代では、雪解けの水が湖のようになり、
水面に至仏山が映っています。
昨年に比べて今年のできはどうでしょうか?
IMGP1906.jpg
担当:大泉



< 前ページに戻る
PAGE TOP