尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2011年9月9日-山の鼻ビジターセンターより(ゲンノショウコほか)

■天気:晴れ
■気温:25.8℃(最高)9.7℃(最低)23.6℃(9時)
今日も日中は晴天となり、暑さが戻った一日でした。
ただ、朝晩はすっかり秋の空気に入れ替わり、肌寒く感じます。
秋の訪れとともに尾瀬ヶ原のお花も少なくなり、実りの時期を迎えています。
山ノ鼻では、楽しそうに結実しているこんな植物を見ることができます。
20110909y01.jpg
8月から9月にかけて咲く「ゲンノショウコ」。
下痢などに対する効果が必ず現れる薬草であることから「現の証拠」と呼ばれるようになったそうです。
また、林内の大木にはサルノコシカケの仲間が見られました。
大きさは子どもの頭ほど。
この大きさになるのに何年くらいかかったのか、想像がふくらみます。
20110909y02.jpg
お花は少なくなりましたが、視点を変えると新しい発見があると思います。
担当:石田



< 前ページに戻る
PAGE TOP