尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2011年8月23日-尾瀬沼ビジターセンターより(思い出ノート、ニッコウキスゲの種ほか)

■天気:曇りのち晴れ朝方雨
■気温:22.5℃(最高)、14.3℃(最低)、15.6℃(9時)
夏の花から秋の花へとバトンタッチされているなか、ビジターセンターの展示室では『思い出ノート』がバトンタッチされようとしていました。
20110823n1.jpg
2006年6月から書き綴られてきた思い出ノートの8冊目が最終ページをむかえ、9冊目へと引き継がれようとしています。多くの方の多くの思い出などが詰まっています。これからも沢山の思い出をお書き下さい。
20110823n3.jpg
大江湿原では、ニッコウキスゲの種が顔をのぞかせ始めました(写真左)。
また、大江川の右岸側ではイワショウブの白い花とカヤツリグサ科のミカヅキグサ(と思われる)の白い穂で湿原の表面を白く彩っています(写真右)。
《注意してください!》
・尾瀬沼南岸(三平下~沼尻)通行止めです。
・ツキノワグマの糞や足跡が多くなってきていますので、特に朝夕方の行動には注意が必要です。
・雨対策としてレインウェア、ザックカバーなど、また防寒着をご準備下さい。
・尾瀬内のほとんどで携帯電話はつながりません。ご注意ください。
・木道が濡れている場合は滑りやすいので転倒などに注意してください。
・ストックの先端にゴムキャップを装着して使用しましょう。
・入山前に情報収集し、十分な装備と余裕のある計画を立てましょう。
・尾瀬沼キャンプ場は予約制です。また、炊事場はありませんので、排水や食器洗いができません。
 食事の内容や食器の使用方法に工夫をお願いします。

担当:渡辺



< 前ページに戻る
PAGE TOP