尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2011年8月16日-尾瀬沼ビジターセンターより(尾瀬沼と燧ケ岳、ウメバチソウ、ノアザミ)

■気温:23.2℃(最高)、15.7℃(最低)、18.7℃(9時)
■天気:晴れのち曇り
20110816n1.jpg
東京、埼玉からいらっしゃった笑顔も素敵なお嬢さん2人組から『昨日は燧ケ岳に登ったよ。尾瀬はいいところですね。楽しかった。次回はニッコウキスゲのシーズンに来ますね。』と声をかけていただきました。尾瀬を満喫されたご様子で、また来たいと思って下さったようです。喜びが溢れているような印象を受けました。こちらも自然と笑顔になりました。きっと、本日の尾瀬沼と燧ケ岳のコンビプレーもご覧になったのではないでしょうか。
『みんなの尾瀬を みんなで守り みんなで楽しむ』 こんな言葉が尾瀬にはあります。是非、みんなの一員になってみましょう。
20110816n3.jpg
大江湿原では、これから花を咲かそうとしている植物や花が咲き終わり、種を飛ばそうとしている植物が見られます。左がウメバチソウの蕾。右がノアザミの綿毛。
《注意してください!》
・尾瀬沼南岸(三平下~沼尻)通行止めです。
・ツキノワグマの糞や足跡が多くなってきていますので、特に朝夕方の行動には注意が必要です。
・雨対策としてレインウェア、ザックカバーなどをご準備下さい。
・尾瀬内のほとんどで携帯電話はつながりません。ご注意ください。
・木道が濡れている場合は滑りやすいので転倒などに注意してください。
・ストックの先端にゴムキャップを装着して使用しましょう。
・入山前に情報収集し、十分な装備と余裕のある計画を立てましょう。
・尾瀬沼キャンプ場は予約制です。また、炊事場はありませんので、排水や食器洗いができません。
 食事の内容や食器の使用方法に工夫をお願いします。

担当:渡辺



< 前ページに戻る
PAGE TOP