尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2011年8月8日-山の鼻ビジターセンターより(泥の紋様、マルバダケブキ)

■天気:晴れ時々曇り
■気温:25.4℃(最高)、12.0℃(最低)、24.3℃(9時)
数日前、尾瀬ヶ原を歩いている途中にこんな物を見つけました。
高架木道を支える基礎部分、その上にあった泥が乾いて見事な
タイル模様になっていました。
昨日雨が降ったので、今は消えてしまっているかもしれません。
大雨のあとに尾瀬に来た方は、これ以外にも「自然のいたずら」
を見つけたかもしれませんね。
タイル模様
花が大きく色が鮮やかで、とても目立ちます。
マルバダケブキ
雨が降ったら傘になるくらい大きい葉を持つ、マルバダケブキ(丸葉岳蕗)です。
ビジターセンター付近で目立っています。
この写真を撮っていたら、雷がゴロゴロと鳴りだしました。
天気予報は晴れでも、雷雨に備えて、レインウエアを忘れずにお持ち下さい。
担当:白石・秋山



< 前ページに戻る
PAGE TOP