尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2010年9月5日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:晴れ
■気温:27.5℃(最高)、11.7℃(最低)、22.5℃(9時)
残暑もそろそろかげりでしょうか、午後になると秋風を感じるようになりました。
山ノ鼻の空
空を見上げると、霞がとれて澄みきったように見えるのは私だけではないと思います。
そんな空から湿原に目を落とすと、ミヤマアキノキリンソウ(奥)から
バトンが渡るかのように、鮮やかな紫が眩しいエゾリンドウ(手前)が咲き始めました。
エゾリンドウとミヤマアキノキリンソウ
なぜバトンタッチかというと、このエゾリンドウはお花の最終ランナーなんです。
この花が終わると、尾瀬の花は終わりです。
とはいえ最終コーナーはまだまだ先、草紅葉の頃まで次々と咲き続けます。
皆さんも、澄み切った青空とエゾリンドウを見に尾瀬を訪れてみませんか!?
担当:西口



< 前ページに戻る
PAGE TOP