尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2010年8月30日-山の鼻ビジターセンターから

■天気:晴れのち雨
■気温:26.3℃(最高)、13.1℃(最低)、21.4℃(9時)
尾瀬ヶ原では絶滅危惧種種にも指定されているオオニガナが咲き始めました。
この花は、尾瀬でもあまり見る事の出来ないお花で、今のところ尾瀬ヶ原では上ノ大堀橋近辺・
竜宮近辺・東電近辺に3~4株くらいの小さな群落を見る事ができるくらいです。
オオニガナ
下記の写真はハナニガナの写真です。
何となくお花は似ていますがオオニガナの半分程の大きさしかなく、
開花の時期もオオニガナより少し早い7月下旬頃です。
ハナニガナ
夕方牛首辺りを歩いているとなにやら池塘の方が賑やか雰囲気、
カルガモの家族が仲良く池塘でエサを採っていました。
親の半分の大きさもなかった子供達が今やどのカモが親なのか判らない程成長していました。
カルガモの家族
担当:萩原
 



< 前ページに戻る
PAGE TOP