尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2010年8月15日-尾瀬山の鼻ビジターセンターから

■天気:曇り時々晴れ
■気温:25.5℃(最高)、15.6℃(最低)、22.4℃(9時)
だんだんと草紅葉の様相を呈してきた尾瀬ヶ原を巡回して来ました。
研究見本園のキンコウカは終演近いですが、これから咲く花もあり尾瀬ヶ原の大きさを感じることができました。
竜宮小屋から竜宮沼尻橋の間の林内は、
短い区間ですが色々な植物を見つけることが出来るスポットです。
今日は見たいと思っていたミヤマニガウリを発見
巻きひげが伸びていなくてちょっと残念…
ミヤマニガウリ
見晴と赤田代分岐の間にある小さな沢にこんな花も
頭花の柄に縮れた白い毛が細かく生えていて一度見たら忘れないだろう特徴的なスタイルですね。
チョウジギク
尾瀬ヶ原には「オゼ」と名が付く植物が18種類あると言われていますが、
そのうちの一つ 低層湿原に当たるところにたくさん咲いていました。
オゼミズギク
ハチも懸命な追い込み作業中です。
担当:島野



< 前ページに戻る
PAGE TOP