尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2010年6月17日-山の鼻ビジターセンターから

■天気:晴れ時々曇り
■気温:27.6℃(最高)、7.8℃(最低)、19.7℃(9時)
今日は尾瀬ヶ原の生き物の話題をお届けしましょう。
研究見本園のオタマジャクシの姿に小学生の歓声がよく聞こえます。
今朝、そろそろオタマジャクシに脚は出たかな…と探していると
ヤマアカガエル
じっとしているヤマアカガエルを発見
背中の線とタイツを履いているような脚が見えました。
残念ながら腹部の模様は確認できないうちに素早い動きで
あっという間にどこかへ隠れてしまいました。
ルリイトトンボ
こちらはルリイトトンボ
瑠璃色と黒色が交互に並んだ美しい姿を見せてくれました。
池塘で育つトンボの仲間たち
深いところには大きな種類が、水深10㎝くらいの浅いところには小さなものが棲みます。
水深の違いがお目当てのトンボを探すポイントになるんですね。
担当:島野



< 前ページに戻る
PAGE TOP