尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2010年6月12日-尾瀬山の鼻ビジターセンターから

■天気:晴れ
■気温:28.2℃(最高)、8.8℃(最低)、18.9℃(9時)
このところ晴天で暖かい日が続いたこともあり、研究見本園では日に日に新顔のお花が登場しています。
この時期の研究見本園では4種類の黄色いお花が咲き揃います。
キジムシロ
リュウキンカ
シナノキンバイ
ミヤマキンポウゲ
上からは「キジムシロ」、「リュウキンカ」、「シナノキンバイ」、「ミヤマキンポウゲ」です。
キジムシロはバラ科の植物で、それ以外はすべてキンポウゲ科の植物。
これらを見分けるには葉っぱにご注目。
キジムシロは、イチゴの葉っぱのような葉。
リュウキンカは、ハートの形をした葉。
シナノキンバイとミヤマキンポウゲの葉は似ていますが、ミヤマキンポウゲのほうが線が細く鳥の足のような形をしています。
このように尾瀬では、似たような外見をもつものがあります。
ビジターセンターにお花の名前をお問い合わせいただく際は、花だけでなく葉の特徴なども伝えてもらえるとお答えできる可能性が高くなります。
めずらしい植物に出会ったら、ぜひじっくり観察してみてくださいね。
担当:石田



< 前ページに戻る
PAGE TOP