尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2009年10月3日―山の鼻ビジターセンターから

■天気:雨のちくもり
■気温:16.8℃(最高)10.2℃(最低)11.6℃(午前9時)
研究見本園の池塘のヒツジグサの実がはじけていました。
水面に薄く平べったいものが浮かんでいます。
これが、ヒツジグサのタネのようです。
ヒツジグサの実
花が咲き終わった後、茎がくるくる巻いて実を引き込みます。
実が熟してはじけると、浮いてくるのでしょうか。
でも、昨年は見ることができなかったのはなぜ?
水中でも実がはじけるのでしょうか??
ヒツジグサ、興味深い植物です。
「ビィエーヒョー」などと森の奥から声が響きます。
これはオスジカのメスを呼ぶ声です。
ニホンジカは繁殖期を迎えました。
シカ道
研究見本園にはシカが出てきているようです。
画像ではわかりにくいですが、踏まれて道ができています。
担当:秋山



< 前ページに戻る
PAGE TOP