尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2009年8月16日 – 山の鼻ビジターセンターから

■天気:晴れ 
■気温:25.1℃(最高) 12.6℃(最低) 22.2℃(午前9時)
今日はアヤメ平巡回に行ってきました。
これまでは、雨や曇天の日に行くことが多くて、すっきりしなかったのですが、
今日は天気が良くて最高の景色でした。
アヤメ平を歩いていると、なぜだか不思議な浮遊感を感じることがあります。
微妙な斜面と水面の取り合わせのせいでしょうか。
アヤメ平
湿原では、すでにキンコウカの花は終わりましたが、
まだうっすらと黄色く見えます。そのかわり、イワショウブが
目立ちます。湿原全体もうっすらと茶色く見えて、秋が近いことを
感じさせます。
アヤメ平から富士見峠方面に下っていって、片品村側の斜面ですが、
開放的なアヤメ平とは対照的に荒々しい斜面が広がっています。
アヤメ平斜面_small
アヤメ平はおよそ200万年前の火山噴火で形成されたと考えられていますが、
その溶岩がむき出しになっているところがあります。
どのようにして、こんな斜面ができたのか、くわしい事は分かりませんが、
その当時のダイナミックな噴火活動に思いをはせるような地形です。
担当:落合



< 前ページに戻る
PAGE TOP