尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2009年7月27日-尾瀬沼ビジターセンターから

■天気:雨時々曇り
■気温:19.2℃(最高)、14.8℃(最低)、17.4℃(9時)
ここ最近、大江湿原でもオトギリソウが見頃を迎えています。
漢字で書くと「弟切草」。何とも悲しい漢字ですが、とても可愛らしいお花で、これを乾燥させたものを焼酎漬けにして虫さされの薬に使う習慣が尾瀬近隣にはあるそうです。
実際に私の知人の家にもあり、虫さされに使ってみましたが、不思議と痒みが治まりました!
尾瀬内で花を摘む事は出来ませんが、皆さんも是非試してみてはいかがでしょう?
20090727-n1 (WinCE)
何か新しい花が蕾をつけたのかな?と思ったら、オオバタチツボスミレの種子でした。
20090727-n2(WinCE).jpg
この袋が弾けて中の種子が飛び出します。
花が咲き終わっても、姿形を変えて私達の目を楽しませてくれる植物が沢山あって、飽きる暇が無い尾瀬ですね。
20090727-n2-2 (WinCE)
担当:越智



< 前ページに戻る
PAGE TOP