尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2009年5月13日-山の鼻ビジターセンターより

■:くもり
■:気温5.8℃(15時現在)
徐々に雪解けが進み、春を垣間見せてくれる尾瀬で、ヤマアカガエルの卵塊を発見しました。
新人の私は、ベテラン職員にそろそろカエルが卵を産んでいる頃かもしれないと言われ、行き慣れない研究見本園の湿原を歩いてきました。
ヤマアカガエルの卵塊
その他にも、ミズバショウやワタスゲの花が咲き、キビタキ、メボソムシクイなどの夏鳥も確認できました。
尾瀬の変化を体感でき、改めて尾瀬の魅力を感じた一日でした。
担当:宍戸



< 前ページに戻る
PAGE TOP