尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2009年5月8日 - 尾瀬沼ビジターセンターより

天気:霧雨
気温:9.5℃(最高)、2.1℃(最低)、8.1℃(9時)
今日は朝から霧雨で視界も悪く、真っ白な尾瀬沼でした。でも湖畔から大江湿原の方を見ると、どんどん雪が溶けているのがよくわかります。昨年は5月20日だった沼開けもこの調子なら来週くらいでしょうか。アカシボも湖岸からはっきり見られるようになりました。明日はお天気も回復する予報です。沼周辺は危険ですので通常の登山道(赤い目印がついている道)を歩いてください。
20090508n1.jpg
入山者もほとんどいない昨日今日。でも尾瀬沼はとてもにぎやかです。というのも樹木も芽吹き始める前のこの時期は鳥たちが身近に観察できる絶好のバードウォッチングシーズンだからなのです。イワツバメを筆頭に周辺の林内にはウグイス、アオジ、アカハラ、キクイタダキ、ツツドリ等がさえずり始め、尾瀬沼ではカイツブリ、オシドリ、マガモ、アオサギが羽根を休めています。その中でも驚いたのはミサゴの魚捕獲が見られたことです。大江川が尾瀬沼に流れ込む付近でほぼ毎日見られ、VCの中から歓声をあげています。
20090508n2.jpg
担当:小山



< 前ページに戻る
PAGE TOP