尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2009年5月2日-至仏山のようす

 本日、至仏山の積雪状況等を調査するため、巡回を行ってきました。
 山全体についてですが、数日前に降雪があったためか、積雪の減少は著しいという状況ではありませんでしたが、シーズン当初からご案内しているとおり、今年は少雪ですので利用にあたっては植生保護及び安全の観点より十分に注意してください。
CIMG0017.jpg
 写真は、第一ピーク付近から撮影した至仏山です。ハイマツ等ブッシュも日々でてきていますので、ワル沢方面に下る方は、針葉樹林帯に入る前に鳩待峠方面の尾根にトラバースするか、はじめから鳩待峠-山頂間の稜線往復で利用してください。
CIMG0056.jpg
CIMG0066.jpg
CIMG0077.jpg
 写真は、山頂-高天ヶ原間からムジナ沢に向かうルートの写真です。両サイドからハイマツ等ブッシュが張り出している上、積雪深も20~30cmしかありません。貴重な植物が踏みつけらますので、立ち入らないでください。
 なお、山ノ鼻へ下る場合は、一端山頂からワル沢方面に下り、カラ沢源流のできるだけ高い位置(高天ヶ原の下部)でトラバースしてください。トラバース箇所付近の様子は下記写真のとおりで、ハイマツ等ブッシュが見え始めていますので、十分に注意してください。
CIMG0101.jpg
CIMG0105.jpg
その他を含めて詳細は下記パンフレットをご覧ください。
2009年5月連休前後の至仏山入山の皆様へ-PDF
○マナー向上のお願い
スキー滑走中に転倒された方のザックのサイドポケットからペットボトルが落ちゴミとなったのを見かけました。ご面倒でも、ペットボトル等の落ちやすいものは、ザックの中に入れるようお願いします。
CIMG0078.jpg
担当:小野里



< 前ページに戻る
PAGE TOP