尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年10月21日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:晴れ
■気温:10.3℃(午前9時)
「尾瀬ヶ原に車で来るのには、どうしたらいいですか?」
時々こんな質問を受けます。
もちろん車道の無い尾瀬ヶ原へ車で来ることはできません。
歩かないと来ることはできないのです。
それはビジターセンター職員も山小屋さんも郵便屋さんも例外ではありません。
郵便屋さん
今日はその郵便屋さんが来る、今年最後の日でした。
みなさんが住んでいるところと同じく、日曜祝日以外は毎日山ノ鼻地区へ郵便物を届けに来てくださいます。
山が好きで体力作りに・・・と楽しそうに話してくださる郵便屋さんの笑顔も来春まで見ることができません。
山ノ鼻地区に設置されていた郵便ポストも、本日撤去されました。
郵便屋さん、毎日ありがとうございました。
 昨日に続いてカラマツ情報です。山ノ鼻近くにカラマツの天然林があることをご存じですか。鳩待峠から山ノ鼻に向かうとき、いくつか沢を渡りますが、最後にテンマ沢という比較的大きな沢を渡ります。そこを過ぎると小さな湿原があり、さらに左手に大きな岩が見えてきます。それを目印に進んできて下さい。その場所を過ぎてしばらくすると、上空に向かってすっくと立つ高木群が見えてきます。それが、カラマツです。
カラマツ
 カラマツは本州の東北以南から中部山岳地帯にかけて、日当たりのよい山地に自生する樹木です。ただ、造林されることが多い木のため、自生のものかどうかの区別ができないカラマツ林も多くあります。ですので、現在では、カラマツの天然林はとても貴重なものでもあるのです。見事なおおきさのカラマツを黄葉(おうよう)とともに、ぜひご堪能ください。尾瀬のもつ魅力の新たな発見となるはずです。
担当:春山・根岸



< 前ページに戻る
PAGE TOP