尾瀬保護財団

日本語 / English / 简体中文 / 繁体中文 / 한국어

2008年10月14日-山の鼻ビジターセンターより

■天気:くもり
■気温:12.5℃(最高)、3.5℃(最低)
体育の日の連休が終わり、一息ついている山ノ鼻。木々も落葉をはじめ、少しさびしいような1日でした。
そんな中、にぎやかに大量の木材が搬入されました。傷みの進んだ木道の付け替え用資材です。
ビジターセンターのように利用者の多い場所では、人出が一段落する時期にこうした作業をおこないます。
来春はピカピカの木道でみなさんをお迎えすることができると思いますので、ご期待下さい。
これからシーズン最後の尾瀬を楽しみに来られるお客様には少々不自由をおかけしますが、
ご理解の程、よろしくお願いします。
木道資材
10月10日、秋晴れ。
尾瀬ヶ原の草紅葉と周囲山々の紅葉とのコントラストが美しく、特に景鶴山の麓付近は
紅葉
パッチワークのように色が混じり、見事でした。
すれ違う人との挨拶は「こんにちは」ではなく「きれいですね」。
言葉を交わしながら、尾瀬の自然を分かち合える喜びを感じました。
そして、ある方の言葉が印象に残りました。
「行ったことはないけれど、天国に来たみたいだ」と。
この日の尾瀬は本当に天国のようでした。
担当:根岸、秋山



< 前ページに戻る
PAGE TOP